Wクレンジングは基礎スキンケアで最も重要な工程

Wクレンジングは基礎スキンケアで最も重要な工程

Wクレンジングは基礎スキンケアで最も重要な工程

Wクレンジングとは、美容に興味のある方なら誰しもが聞いたことのある美容専門用語です。

 

 

「クレンジングを2回する」というものではなく、クレンジング・ウォッシング1回ずつ丁寧に行うことがWクレンジングといい、基礎スキンケアで最も重要な工程となります。なぜ最も重要なのかというと、いくら高級高美容成分配合のお化粧水を使ったところで、肌表面が汚れていてはお肌の奥へ浸透していかないからです。ですので、Wクレンジングが最も重要となってきます。

 

 

では、正しいWクレンジングとはどのようなことなのでしょうか?まずはクレンジング。多くの人はクレンジング=メイクを落とすとお思いでしょうが、1日ノーメイクで普通に生活をしていてもほこりなどが肌に吸着し汚れてしまっています。ですのでノーメイクでもクレンジングは必要となります。もし、お肌の負担を考えるというなら、ミルク系やクリーム系のクレンジングを使うと摩擦などの肌負担も軽減されます。

 

 

そして続いてはウォッシング。ウォッシングもやりすぎてしまうと肌負担となりますが、しっかり水を含ませたもっちり泡で洗うと、お肌の上に乗せた泡の落ちが良くなり、ごしごし洗い流さなくてもよくなります。そして大切なのが時間です。洗顔後顔のツッパリが気になるとの声をよく聞きますが、それは洗いすぎです。洗いすぎると必要な角質・油分・水分までも洗ってしまうので、お肌の上に泡を乗せるのは20秒までにしてください。

 

これが正しいウォッシング方法となります。そして最後に順番も大切です。もし可能ならばWクレンジングは洗髪後に行ってください。でないとせっかく奇麗にしたお肌に、シャンプーやリンスなどでまた毛穴を詰まらせてしまっては元も子もありません。ではWクレンジングで大切なことは、製品選びと時間、そして順番。次の基礎ケアに向けて正しいWクレンジングを行い、もっちりとより吸収率の良いお肌に仕上げていってください。


ホーム RSS購読 サイトマップ